ポエック<9264>が協立電機工業の株式取得による完全子会社化をすると発表

平日9:00〜17:00

フォームでのお問合わせ

  • 事業承継ニュース
  • 2019/10/25

ポエック<9264>が協立電機工業の株式取得による完全子会社化をすると発表

ポエック株式会社は、協立電機工業株式会社の発行済株式の全株式を取得し、完全子会社化することについて発表した。
 
ポエックグループは、ポエック、連結子会社3社(三和テスコ、東洋精機産業及びミモト)及び関連会社(泰元コーポレーション)により構成されており、環境・エネルギー関連機器の販売及び動力・重機関連機器及び防災・安全関連機器の製造・販売が主な事業内容。
 
協立電機工業は、岩橋俊雄氏(現代表者である岩橋由紀江氏の父親)が電気機械機器の製作及び修理業を目的として1936年に個人創業したものを、1952年に法人改組したものであり、創業83年、設立67年の長い業歴を有する。その長い業歴の中で国内多くのメーカーに対し信頼あるサービスを提供しており、モーターコイル、陸上ポンプ、水中ポンプ等の機器メンテナンス・修理業において、深くかつ多方面の大手取引先(取引先概数:約200社)と安定した取引を継続。
 
今回の株式取得により、財務基盤の安定や人員体制の拡大が容易になり、また、ポエックグループとの技術交流や協業を通じて、一層の技術力向上並びに販路の拡大により事業基盤が強化され、かつ、関東地方における機器メンテナンス・修理案件受注拡大などの相乗効果が期待される。

記事監修

GCAサクセション株式会社は、オーナー様企業における事業承継案件に特化した代理人型M&Aアドバイザリー会社です。経営理念に「For Client’s Best Interest (クライアントの最善の利益」を掲げ、オーナー様専属のアドバイザーとして、クライアントのご意向に沿ったM&Aの実現を徹底的に追求いたします。

東証一部上場の独立系M&AアドバイザリーファームであるGCA株式会社のグループ会社であり、GCAグループ全体では世界12カ国に23オフィスを構え、全世界で600 社以上のM&A実績があります。

  • M&A
  • 事業承継
ご相談・ご質問など、お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合わせ(平日 9:00〜17:00)

03-6212-7110